2018年6月17日5,096 ビュー View

全て1000円以下!プチプラ柴犬グッズ[5選]

雑貨店でも文具店でも、ついつい手に取るのは柴犬グッズ…そんな柴犬を愛してやまない方にオススメです!暮らしの中にさりげなく溶け込む柴犬グッズのなかから、迷わず買えるプチプラ商品をピックアップしました。

この記事のタイトルとURLをコピー

ころんとしたお尻がたまらない!遊び心たっぷりのしばけつマグネット

柴犬グッズ

出典:amazon

ゆるい雰囲気が魅力のwankoronシリーズから、しばけつマグネットです。ぺろっと舌を出している口元が、愛嬌たっぷり!

 

そして何と言っても、ころんとしたお尻がかわいすぎますね。テレビやSNSでブロック塀から頭を出す柴犬が話題になりましたが、塀の裏側のバックスタイルはこんな感じだったのかな、と妄想が膨らみます。

柴犬グッズ

出典:amazon

 

こちらのマグネットは、頭とお尻をくっつけて使うこともできます。頭とお尻の間にメモを挟んだら、なかなかシュールなアイテムに!

柴犬グッズ

出典:amazon

 

お馴染みのあのポーズがスマホスタンドに!伏せしばスマホスタンド

柴犬グッズ

出典:amazon

同じくwankoronシリーズから、伏せしばスマホスタンドです。この角度が素晴らしい!

 

穴を掘り掘りする時とか、興奮気味におもちゃで遊ぶ時とか、この角度の伏せになりますよね。このポーズで一生懸命(?)スマホを支えていると思うとますます愛おしくなります。

柴犬グッズ

出典:amazon

 

スマホは縦でも横でも対応可能。オフィスでもキッチンでもこのスタンドと一緒に作業をすることができて、ちょっと楽しい気分になりますね。

 

用途色々!使える癒し系フェイスクリップセット

柴犬グッズ

出典:amazon

こちらもwankoronシリーズから、表情がユニークなフェイスクリップセットです。4種類のクリップはどれも微妙に表情が違っていて、使い分ける楽しみがありますね。クリップは木製素材で、癒し度高めです!

 

メモを挟むだけでなく、お菓子の口を閉じたり、ちょっとしたプレゼントのラッピングに使ったりと、色んなシーンで大活躍。出番の多そうな有能アイテムです。

柴犬グッズ

出典:amazon

 

素材も柴犬感出てる!和紙のマスキングテープ

柴犬グッズ

出典:amazon

GreenFlash(グリーンフラッシュ)のオリジナルブランド「chobit wit(チョビットウィット)」から、柴犬柄のマスキングテープです。

 

日本人イラストレーターによる手書きのイラストは味があって、眺めているだけでほっこり。

柴犬グッズ

出典:amazon

素材には日本製の和紙を使用していて、日本犬の代表格である柴犬にぴったりです。

ちょっとしたプレゼントにするのもありですが、間違いなく自分用にも買ってしまいますね!

 

脱力系フレークシールで手帳もカードも黒柴だらけに

柴犬グッズ

出典:amazon

こちらも「chobit wit(チョビットウィット)」から、黒柴のフレークシールです。手書きの脱力系のイラストは、日常使いにぴったり。

 

手帳に、アルバムに、メッセージカードにと、用途は無限大。

柴犬グッズ

出典:amazon

普段使っているアイテムを黒柴柄に変身させることができます。全6柄のこちらのシール、どれをどこに貼ろうか考えるだけでワクワクしますね。

 

 

どれも柴犬好きの萌えポイントを抑えているグッズではないでしょうか。しかも全て1,000円以下で購入できるので、ついつい揃えたくなってしまいますね!

紹介されたアイテム

  • しばけつマグネット(茶)

    しばけつマグネット(茶)

    サイトを見る
    • amazon
  • しばけつマグネット(黒)

    しばけつマグネット(黒)

    サイトを見る
    • amazon
  • 伏せしばスマホスタンド (茶)

    伏せしばスマホスタンド (茶)

    サイトを見る
    • amazon
  • 伏せしばスマホスタンド (黒)

    伏せしばスマホスタンド (黒)

    サイトを見る
    • amazon
  • 柴犬クリップセット

    柴犬クリップセット

    サイトを見る
    • amazon
  • 和紙マスキングテープ柴犬

    和紙マスキングテープ柴犬

    サイトを見る
    • amazon
  • chobit wit フレークシール

    chobit wit フレークシール

    サイトを見る
    • amazon

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事