2018年8月15日4,425 ビュー View

ボールを投げるフリで騙されつづけた柴犬の反応は…?

頑固なところもありますが、気心を許した家族には愛らしい一面を見せてくれる柴犬。犬の中でも「賢い」と言われることが多いですが、そんな彼らを騙し続けたらどんな反応をするのでしょうか?

今回は、柴犬の大好きなボール遊びで「ボールを投げたフリ」を繰り返す動画を2つご紹介します。

この記事のタイトルとURLをコピー

柴犬ボール

Model:@mokkorikenta(Instagram)

[1]何度騙されても健気に追いかける

オーナーにボールで遊んでもらえると期待で胸がいっぱいな柴犬。芝生の上で元気に飛び跳ねながら大声で吠え、まるで「早く投げて!」と催促しているかのようです。ところが、お茶目なオーナーはなかなかボールを投げてくれません。

 

しかし、この柴犬も従順なもの。何度「ボールを投げたフリ」に騙されても、健気にオーナーのもとに戻り、キラキラした曇りのない瞳で本当にボールが投げられる瞬間を待ち続けています。根気強く粘り続けたことが功を奏したのか、最後は希望通りボールを投げてもらうことができました。

 

オーナーに忠実な柴犬だからこそ、こうしたいたずらへのリアクションもより面白く感じられますね。

 

[2]騙されたことに気づいてテンションダダ下がり

何度フェイントをかけられてもめげない柴犬もいれば、フェイントをかけられたことに気がついてテンションが下がってしまう柴犬もいます。2つ目に紹介する柴犬もそんな1頭。玄関でオーナーにボール遊びを催促していますが、ボールを投げるフリに騙されてポカーンとしています。騙されたことに気づかないまま、オーナーのほうを振り向いて確認すると、今度はちゃんとボールを投げてもらうことができました。

 

これだけならよかったのですが、ボールを咥えてオーナーのもとに戻る途中、柴犬は自分が最初騙されていたという事実に気がついてしまいます。その瞬間、みるみるテンションが下がってしょんぼりしていく様子は必見です。

オーナーのことが大好きだからこそ、はっきり文句を言えないもどかしさや、柴犬の中に妙な人間臭さが感じられる動画ですね。

 

 

同じ柴犬であっても、個性は1頭ずつ違います。今回ご紹介した2頭も、ボール遊びが好きなことや簡単に騙されてしまうところは共通していますが、騙されたことに気づいたときのリアクションは正反対でした。このように、柴犬独自の特徴と、1頭ごとの個性の違いに注目してみると、新しいかわいさや面白さに気づくことができるのではないでしょうか。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね!

クセがすごい柴犬の動画6選

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事