2018年8月18日6,933 ビュー View

最高かよ!モフモフ&小太りな柴犬「moja」

柴犬を構成するとってもかわいい部位の1つである、柔らかいアレといえば…そう、「もふもふな毛」。柴犬ラバーはみんな大好きですよね。

今回ご紹介するのは、もふもふ&小太りな柴犬です。夏真っ盛りな今!あえて“ちょっとだけ暑苦しい”柴犬に注目してみました!

この記事のタイトルとURLをコピー

もふもふで小太りな柴犬「moja」

今回は、とある1頭の柴犬にフィーチャーしてご紹介します。

こちらが本日の主役mojaです!

名前そのままか!と突っ込みたくなるこのフォルム、いかがでしょうか。

 

mojaのオーナーですら「#fatshibamoja」なんてハッシュタグをつけてしまったりして。

理由はもうお分かりいただけたと思いますので、早速たっぷりとmojaをご紹介していきますよ!

 

もふ度MAXなmojaを目撃せよ!

本犬には恐縮ながら…分かりやすく言ってしまうと「ファット気味」であるmojaですが、一緒に暮らす仲間の柴犬と比べてもこの差です。

mojaよ…もはや丸くない部分が見当たらないぞ。

 

しかし、mojaがここまでもふもふになっている理由の1つとしては、「たぬき」タイプであることが考えられます。

その体型のおかげで、よりファット気味なことが目立ってしまうのでしょう。

埋もれ気味のお耳mo

カワイイ…。

 

まぁ…リードも食い込みますよね…そりゃそうだ。

 

振り返る時も…お肉が邪魔そう…そりゃそうだ。

 

えー、目の錯覚なのか…なんだか遠近感がおかしいような。

mojaは一番遠くにいるはずなのに、ボリューム感がすごい…

 

そしてこちらは「チョン!チョン!」とジャンプしながら階段を駆け上るmoja。

このチョンチョン具合、はげしく悶えます。

 

歩く時はこのように、お尻をプリプリしながら歩きます。

もう勝手に口から「かわいい」と漏れてしまうレベル。

 

こちらは、もふもふに埋もれ潰れてしまったカワイイおしり様。

そのせいで、足が短く見えてしまうようで…そんなファニーなポイントもまた愛しい。

 

こちらは哀愁ただよう貫禄のお背中。

座っているだけで、何故かたそがれているように見えてくる不思議な生き物moja。

これも「ファット気味」な体型がなせる技なのか…

 

こちらはヘソ天でぐっすり。「警戒心?はて…聞いた事無いですね…Zzz」

これはもはやぬいぐるみだな!

 

が、しかし!まったり中を邪魔されるのだけは「おこ」なmoja。

でもなんだか、とっても寝辛そうな場所じゃないかい?何か頭に刺さってるけど…?

問題は「寝心地」なのではない、「眠い時に寝る」ことが大事なmoja。

 

最後はこちら。茶色い丸みのある物体と化したmoja。

うーん。いよいよ何の生き物かわからなくなってきたぞ…!

がしかし!そこが愛しいのです。

 

どこから見ても丸みを帯びているとってももふもふな柴犬「moja」のご紹介でした。

やっぱり柴モフって最強だなと、改めて感じましたね。

しかし、ふくふくと育っている姿はなんともカワイイものですが、愛犬の健康管理だけはお忘れなく!

そのための定期健診や日々の体重管理などで、愛犬の変化には敏感気づいてあげましょうね。

 

こちらの記事も合わせてチェック!

柴犬が「忠犬ではない」4つの理由と証拠写真

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事