2018年10月19日7,726 ビュー View

お留守番イヤ!ちゃんと「文句言ってる」柴犬ベルちゃん

お留守番を嫌がる柴犬は多いかもしれません。「おいてけぼりにされる、寂しいのはいやだ」と思ってしまうのか、「自分だって歩きたい!ここじゃないどこかに行きたい!」と思っているのか…。

同じわんちゃんでもそれぞれ意思表示のしかたは違いますが、柴犬のベルちゃんの嫌がり方はかなり「人間っぽい」ので微笑ましくなってしまいます。しっかり喋って「行きたくないアピール」をするんです。ぜひご覧ください!

この記事のタイトルとURLをコピー

柴犬お留守番

MitchyPQ/shutterstock

お留守番イヤだよう

ママさんがお出かけするときのベルちゃん。お留守番がイヤそうなのはわかるのですが、ただわんわん吠えるのではなく、まるで「喋っている」ように聞こえます!投稿者さん(ママさん)のアテレコ字幕がぴったり!ベルちゃんの「く~ん」や「きゅ~ん」が、「ベルも行くの」「お留守番はイヤ~」、という言葉になっているように…。

 

本当にわかっているのかな?偶然かな?と思っても、ママさんが「今日はお留守番していてよ。ハイは?」と言えばそっぽを向いて首を動かさないところもすごい。ちゃんとわかっているんです…!「間違えてハイなんて言っちゃったら置いていかれる!」と思っているのでしょうか。相当しっかりママの言葉を聞き取れている感じです。

 

連れてってほしいよう

次はママさんに「自分もおでかけに連れてってほしい」と訴えるベルちゃんです。おばあちゃんのおうちに行くママに、ずっと「言葉っぽい鳴き方」で訴えています(笑)。

 

ママが「じゃあ、明日にしよう」「夜にしよう」と『妥協案』を出しても、「違うの…そうじゃなくて…」という表情を見せます。ママとの会話のタイミングもばっちりで、本当に人間の言葉がわかっているのでは?と思えてしまいますね。少なくともニュアンスのようなものは理解しているのだと思います。

 

おわりに

わんちゃんたちは人間の言葉を話せません。でも、「彼らがどんなふうに考えているのか」は、私たち人間にもわかりません。発音できないだけで、言葉の意味や、そのときの状況は私たちとあまり変わらず理解しているのかもしれませんね。オーナーが悲しそうな顔をすれば一緒に悲しくなってくれる、楽しく笑えば一緒に楽しい気持ちになってくれるわんちゃんたちの存在が、一層愛おしくなってくる動画でした!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【断固・頑固】くわえたらゼッタイに離さない柴犬たち

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事