2018年12月14日9,363 ビュー View

柴犬小春に与えた大革命に全柴犬が泣いた〜ありがとう鰹節削り器〜

柴犬の小春ちゃんは、食べることが大好き!だけど時々、そんな彼女でも苦手なものがあったり、硬くて食べること自体に苦戦する物があったりと、大好きな食事を楽しめない時があるんですって。そんな小春ちゃんとオーナーの悩みを解決してくれたのは、昔ならがの「あの道具」でした。早速彼女とオーナーの成功ストーリーをご覧ください!

まずは「ヒマチー」を食べやすくしたい!

ヒマチーとは「ヒマラヤチーズスティック」のこと。その名の通り、ヒマラヤ山脈に暮らすヤクと牛のミルクでチーズを作り長期熟成させ、スティック状にしたものが通称・ヒマチーなのですが、とっても美味しい&カジカジしているのが楽しくて、犬たちには絶大なる人気を誇っています。

しかしこのヒマチーというもの、とにかく硬い…!その、骨のような硬さのおかげで長時間楽しめることはよいのですが、見ている側からすると「それ、本当に食べられているかい?」と心配になってしまうほど。オーナーによると、食いしん坊の小春ちゃんでもしばらくすると食べなくなるというからよっぽどでしょう。

そこで登場したのが、鰹節削り器!これまでにもチーズおろし器やヤスリで試行錯誤を重ねてきたオーナーですが、どうも結果はイマイチだったよう。小春ちゃんも「それ、大丈夫?」とでも言いたそうな怪訝な表情でしたが、今回の新兵器「鰹節削り器」ならどうだ!

出典:YouTube (Kohachannel)

 

ひと削り目から「あっ」と声が出てしまうほど、オーナーの手応えは確かだった様子!これは明らかに今までとは違う感触なのですね!削られたヒマチーがサラサラ~っと大量に出てきました!これには小春ちゃんもオーナーも大興奮!

容器を叩く音に合わせて小春ちゃんも「キャンキャン」と鳴き声のメロディを奏でます。

 

ちなみにこれをどのように食すかというと、ふやかしたフードにトッピングしていただきます。もともと食いしん坊の小春ちゃん、かなりの勢いで完食しました!観ている側もつい「美味しそう…」なんて思ってしまうほどの勢いで。これならヒマチーの食べ方が広がりますね!

 

やった!匂いが苦手だったフードも完食!

お次は先程のヒマチー動画公開から約8ヶ月後のお話です。食欲旺盛な小春ちゃんにも苦手なものはあるようで、今回はそのフードをどのようにして食べてもらうか…というオーナーの願いが込められた今回の企画。

そんなオーナーが取り出したのは、例のアレ。鰹節削り器です。難敵ヒマチーをやっつけたこの便利ツールで今回削るのは…鰹節!…ここへきて正解の使い方。

しかし今回は削るのが目的ではありません。小春ちゃんが苦手とするフードを食べてもらうことが目的です。

 

鰹節をシュッシュと削る音に合わせて、またリズムよく「キャンキャン」と合いの手を入れる小春ちゃん。これはこれで見どころ、まさにDJ dog!そして肝心の結果はと言うと…

 

苦手フードも完食しました!そんな姿にオーナーもつい「めっちゃいくやん」と驚いているほど。どの子でも苦手なフードはあるものの、栄養のバランスなどを考えると、こういった工夫で食べられるようになるのは素晴らしいことですね。苦手なお薬などにも応用できそうです。

 

なかなか最近では自宅で鰹節を削ることもなくなりましたが、使い方次第ではワンコオーナーにとって、相当役に立ってくれそうなアイテムだとわかりました。同様のケースでお悩みのオーナーは、一度試しに購入してみると良いかも。

 

しかし小春ちゃん、美味しそうに食べるなあ…。

なんだかお腹がすいてきちゃいましたね。(笑)

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

盗み食いの証拠アリ。柴犬たちよ、犯人は君だ!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事