2019年1月22日6,969 ビュー View

オーナーからのごちそうが「野菜料理」だった時、柴犬は一体どうした?

本日の主役は黒柴のクロ。クロのオーナーはいつもいろんな食材を使って手作りご飯を食べさせてくれます。そんな中、今回の食材は「野菜」。一品目は野菜炒めで、お次はなんとゴーヤ茹で。こちらのゴーヤは野菜の中でも好き嫌いが分かれることの多い食材ですが、今回の「野菜ご飯」、クロの反応は一体どうだったでしょうか?

この記事のタイトルとURLをコピー

まずは一品目「野菜炒め」から!

 

それでは、まずは「野菜炒め」から見ていきましょう。食材は、キャベツともやしだけのシンプルなものでお肉はなし。こういうのって、人間でもときどき食べたくなりますよね。クロの反応はどうでしょうか?

 

 

お行儀よく食卓で待つクロの前に、野菜炒めが乗ったお皿が登場。色合いがいいし、キャベツはしゃきしゃきしていそうでとっても美味しそう。さあどうぞ召し上がれ…ってあれ?なんだか反応が薄いような…もちろんオーナーさんの反応も「あれ?」。

クロ本犬も食べようとはしているようですが、あんまり食いつきがよくないのです。しばらくキャベツを舐めてみたり、モヤシだけ口に入れてみたり。その後ようやく食べ始めたもののかなりのスローペース。

 

オーナーさんもこれには予想外だったよう。クロは、どうやら野菜炒めは微妙な様子でした。しかし、その後オーナーさんが横でまったく同じものを食べていると、なぜかすごく羨ましそうな目で見るという「犬あるある」な状況に。これにはオーナーさんも苦笑してしまいます。クロ、君のと同じ物だよ!(笑)

 

二品目「ゴーヤ茹で」はどうでしょうか?

お次の食材は、なんとゴーヤ。なかなかのチャレンジ食材ですね。レシピは、茹でたゴーヤに鰹節をかけたもの。人間でもしっかりと「苦味」を感じるこの食材ですが、クロの反応はどうでしょうか?

 

このときは意外にも食いつきがいい!先ほどの野菜炒めに比べると、明らかにテンションが高かったのです。でも、やっぱり途中で残しちゃった。途中から苦味を感じ始めたのでしょうか?

そんなクロが残したものは、後でオーナーが美味しそうにいただくというのがこちらのシリーズの恒例ですが、しかしこの時ばかりはオーナーも「にがっ」と顔をしかめてしまいました。クロ、よく食べたね…。

このシリーズを見てみると、クロはちょっと野菜が苦手…なのかも?というとても曖昧な感じ。オーナーの方もクロのその基準がわからず苦戦している様子です。全く食べない野菜もあるようなので、いったいクロの「好き・嫌い」ポイントはどこにあるのでしょうね。

 

食事が出されたときの反応が楽しみになるこちらの「クロのお食事シリーズ」。他の動画も見たいという方は、是非オーナーさんのチャンネルをご覧になってみてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ご飯が嬉しすぎて秒で完食しちゃう柴犬たち〜NO FOOD NO LIFE〜

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事