2019年2月28日5,779 ビュー View

どうしても否めない柴犬たちの「くま感」について。

もふもふな被毛、長く伸びたマズル、四つ足歩行なのにたまに二足で立ち上がるところ…など、柴犬って結構「くまっぽい」と思っているのはきっと筆者だけではないはず。にわかに感じていたこの「くま感」について今回は独自に迫ってみたいと思います。

様々な「くま感漂う柴犬」たちを目撃する

オシャレなしろくま

まずはこちらから。こちらは白柴の空(クゥ)ちゃんです。お首回りにとっても豪華なモフモフを携えているせいか、かなりのしろくま感が漂います。しかしその装いのオシャレなこと!ちょこんと乗せられた小さな帽子がまた空ちゃんの大きさを引き立てているようで、さらにくま感が増すようです。

しかし、とっても優しそうなくまさんだこと!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Toshimiさん(@t.m_kuu0509)がシェアした投稿 -

 

空ちゃんの「くまショット」もありました!…いや、でもやっぱり普段のそのままのしろくまの方が、よりリアルなくま感が出ていますね。もちろん、これはこれでキュートな可愛さが溢れていますけど♡

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Toshimiさん(@t.m_kuu0509)がシェアした投稿 -

 

やっぱり首のモフが肝心?

こちらはしばまるくん。またかなりのモフを携えているようですね。こう見ていると、やはり首回りのモフによってかなりそのくま感を左右するようです。大事なポイントを見つけました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@kentatomaruがシェアした投稿 -

 

モフに「色」が加わると…

こちらの黒柴はあんこちゃん。首回りのモフに黒柴の黒い被毛が加わると、更にくま感が増すようです!そしてちょっとふてくされたようなこの表情からもかなり強めの貫禄を感じ、なおくまっぽいですよね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黒柴あんこちゃんさん(@ankochanchan)がシェアした投稿 -

 

どさっと倒れたその姿は

このように、お体のモフも割と多めとなると、より色濃くなるそのくま感。手を伸ばしてどさっと倒れたこの感じは、にわかに話題となっている「くまの中には人が入っている説」を地でいくようで、カワイイを超えてちょっと面白おかしく思えてきます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬太郎さん(@mitsukuntetsukun)がシェアした投稿 -

 

柴犬は「パピー」もかなりくまっぽい!

「カワイイ!」とつい口から出てしまいそうなほどにくま感が強いパピーの柴犬。フワッフワのコロッコロでもう相当キュート!なのですが、今回はくま目線で見てくださいね。どうですか?かなりその感じが強く出ていますよね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

naoko.ogami(kondou)さん(@sibainusakura)がシェアした投稿 -

 

あぁもう、ただただかわいいですね…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

naoko.ogami(kondou)さん(@sibainusakura)がシェアした投稿 -

 

柴犬界の「くま」代表、なるとくん!

こちらは、柴犬界ではかなりのくま度を誇るであろう柴犬のなるとくんです。その被毛の色や表情など様々な要素が重なり合って、もうまさに本物のくまのよう!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬なるとさん(@__nori211__)がシェアした投稿 -

 

そんななるとくんの、より「くま感強め」なアングルがこちら。「ガオー!」と歯を剥きだして怒っています。その理由は、この日オーナーは焼肉を食べて帰宅したそうで、そのことに気づいて怒っているとか。さすがは肉食、お肉の臭いには敏感なのかも。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬なるとさん(@__nori211__)がシェアした投稿 -

 

オーナーによるおふざけコーナー

最後に、くまつながりでのオーナーのおふざけを2つご紹介。

 

くまに襲われた!?

な、なんと柴犬のお尻にくまの手形のようなものが…!?もしかして野生のくまに襲われてしまったのか!?…というのはもちろん嘘で、オーナーのおふざけです。この開いた指やサイズ感がかなりくま度高め!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CHASING AUTUMNさん(@chasingautumn_)がシェアした投稿 -

 

こぐまではなく「こじか」

こちらの柴犬も、オーナーのおふざけによりこぐま…ではなく小鹿に変身させられてしまいました。柴犬にはゴメンなのですが、このアイデアはなかった!新しいですね。(笑)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Konatsuさん(@okada6008)がシェアした投稿 -

 

 

今回の特集いかがでしたか?どうしても「くま感」が否めない柴犬についてその真相に迫りましたが、結果的に「モフ度」と「くま度」は比例する、よって「くま感強めの柴犬」は結構多くいる!というと結論に着地しました!

この結果が何かのお役に立てたら幸いです。(笑)

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

柴犬おこめのオシャレな生活〜オーストラリア・メルボルンでの毎日〜

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事