2019年5月20日3,419 ビュー View

「あんぐ!……ん?」思ってたんとちゃうなモノを噛んでしまった柴犬たち

犬たちは「口」を使って様々な動作を行います。中でも、カミカミなんかは大好きな遊びですよね。おもちゃをかんだり、ガムをかんだり、はたまた靴なんかも…それはちょっと遠慮してもらいたいものですが、中には自分でも驚いてしまうような意外なものを噛んでしまったという柴犬もいるようです。

パピーの噛み間違いが可愛い!

パピーゆえの噛み間違いは、かわいすぎるのでぜひみんなでシェアしましょう。

 

そんなパピーたちと過ごしたことがある方なら「あった、あった〜」となるのがこちら。この時期は、甘えたい時や遊んでいる時に、とにかくオーナーの指を甘噛みします。こちらの風太くんも、ニコニコしながらオーナーの指をペロペロ…そして2枚目ではあんぐ!

パピーの小さな歯での、独特なあのチクチク感はちょっと痛痒いと感じる時もありますが、こんな顔で噛まれたら「痛いよ〜♡」なんてつい優しい声で怒ってしまいそうですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しばいぬのふうたさん(@shiba_no_futa)がシェアした投稿 -

 

寝ぼけた柴犬が反射的に…

ちょっとだけペロッと舌を出し、鼻をピクピクと動かしながら爆睡中の柴犬虎太郎くん。あまりにも無防備なこの寝顔を見ていると、ほんの少しだけちょっかいを出したくなってきます。オーナーさんもそんな風に思ったのか、何気なく虎太郎くんの口元に指を近づけてみると、とっさにあんぐっ!

虎太郎くんはなんと、反射的にオーナーの指を噛んでしまったのです。そしてそのことに気が付いたのかハッと目を覚まし、キョトン顔を浮かべます。「ボクは一体何てことを…」そんな心の声が聞こえてきそうですね。大好きなオーナーさんの手を誤って噛んだことがよほどショックだったのでしょう。

 

興味を持ったら止まらない…。

オーナーさんが編み物をしていると、興味津々な様子で柴犬くるみさんが近づいてきました。オーナーさんが作っているのはニット製の鉢カバーのようですが、興味を持ったくるみさんに対し「くるみの帽子だよ」と見せながら遊んでいたそう。その後はもうすっかりその気になってしまったようで、その鉢カバーを思わずあんぐ!

その後もくるみさんは、自分にくれるものだと思って良い子でお座りしてじっと見つめています。そんな様子を見ると、その気にさせちゃってなんだか申し訳なくなってきちゃいそうですよね。オーナーさんはもう、あげるしかないかも…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SUN SUN cafe くるみさん(@sun3cafekurumi)がシェアした投稿 -

 

普段は噛まないであろうものを「あんぐ!」としてしまった柴犬たちをご紹介しました。キョトンとしていたり、真顔だったり、その反応も様々でしたね。

しかし、柴犬のおとぼけな間違いはどの子もカワイイということは間違いないようです。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「やだ、間違えた…!」柴犬のうっかりミスが何かと愛おしい

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事