2019年5月25日4,291 ビュー View

【がっちりメロメロに】柴犬たちが、もうあざとかわいくてけしからん!

柴犬が可愛い生き物だということは周知の事実ですが、時々彼ら自身も、それを自覚しているのではないかと思う瞬間があります。そんなかわいさを、もはや「あざとい!」と言いたくなるような雰囲気でアピールしてくる柴犬たち。その姿はもう、可愛すぎてけしからんなんてと思えるほどでしょう。今回は、みなさんにしっかりとメロメロになっていただきたく、あざとカワイイ柴犬たちをご紹介します。

今日から真似できる!  あざとカワイイ仕草講座

柴犬たちが見せるあざとカワイイ仕草のなかには、我々人間でも真似できそうなものがありました。彼らをお手本にしてやってみるのもアリかもしれませんよ。ということで早速ご紹介してまいります。

 

※真似するかどうかはご自身のご判断に委ねます。

 

王道! 「上目遣い」

まずは「あざとカワイイ仕草」の王道である上目遣いから。

上目遣いは、なにかをおねだりしているようなキュートな雰囲気に、どこか小悪魔的な可愛さが秘められ、そんなところから「あざとい」なんて言われてしまう仕草です。

 

こちらの柴犬は、赤柴のモコさんと黒柴の丸さん。一頭のみならず、二頭での上目遣だなんて破壊力も倍増ですね。ちょこんと添えられた前足といい、わかりやすく、かつ完璧なあざとさを放っています。これにはオーナーさんも「うん。今日も可愛いよ」とのこと。まあそうなっちゃいますよね。

ちなみに2枚目では、先ほどとは真逆で、なんともピュアな雰囲気の「ニカッ!」を見せてくれました。このように、真似するのであればギャップも取り入れると良いかもしれませんよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yuuu.kaさん(@marv_moco)がシェアした投稿 -

 

もはやズルカワ。「あご乗せ」

お次はこちら。上目遣いと並ぶであろう、王道のあざとカワイイ仕草の「あご乗せ」です。この仕草は、もう文句なしにかわいいですよね。

そんなキュンポーズをしているのは柴犬ココさん。柵の手前にいるオーナーさんに向けて、うるうるの瞳であご乗せしながらジッと見つめています。こんな様子で見つめられたら…もう可愛すぎて抱きしめるしかないじゃないか!

どうやらこちらはカワイイの威力が大きすぎるので、その用法には注意が必要かもしれません。真似する方はどうぞご注意を。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

3柴犬コロココロロ&2人の息子の日々さん(@norinoripiiii)がシェアした投稿 -

 

完敗です! 柴犬「ならでは」のあざとカワイイ

最後は、人間にはもはや真似できない、柴犬ならではのあざとカワイイ仕草をご紹介します。もう、間違いなく彼らは自分が可愛いということを知っているはず。じゃなければおかしい…!

 

白柴のこてつさんは、まったりとした表情で仰向けになり、真っ白できれいなお腹をオーナーさんに見せています。前足を「うらめしば」状態にくねっと曲げ、まるで小首を傾げるようにして…って、これはもはやあざといを通り越して「ズルい」でしょう。しかも、忘れてはならない小悪魔的笑顔まで…もう、可愛すぎかっ。

見る人をこんなにメロメロにしちゃって、一体我々をどうしたいというのでしょうか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こてつさん(@kotetsu0616)がシェアした投稿 -

 

いやはや、柴犬のあざとかわいさはどうも心臓に悪いようですね。キュンキュンで胸が苦しくなってしまいました。そして、ますます「柴犬は自分がかわいいって自覚している」説が濃厚になってきたような。だってあんなにかわいい仕草を、無自覚でできるはずがありませんから!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「へそ天」している柴犬たち、見事にみんな可愛い説。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事