2019年11月17日5,841 ビュー View

「届かないワン…」かまって欲しくてわざと隙間にボールを入れ込む柴犬。わかりやすいアピールがたまらん♡【動画】

今や、柴犬はわりと『かまってちゃん』だと言うことはみなさんもご存知でしょう。しかしそれはオーナーさん限定。家族だけに見せる甘えん坊な姿は“見る柴”にとっては貴重なものです。今回は、黒柴ゴン太くんの動画でそんな様子を堪能させていただきましょう!

隙間にボールが入っちゃったの。

一人遊びをしていた黒柴・ゴン太くん。ですが何やらハプニングが起こった様子。

 

なんでも、ボールで遊んでいたらケージの下にボールが転がってしまったようです。

 

さすがに自分では取れませんから、必然的にオーナーさんが取ってあげることに。

 

これはしょうがないですね。

 

オーナーさんが出してくれました

ゴン太くんが入れてしまったボールを、オーナーさんが床に這いつくばって下から出してくれました。

 

あ、ケージの左側から無事ボールが出てきたようですね!

よかったよかった。

 

あらら。また入っちゃったの…?

しばらくそのまま遊んでいたゴン太くんですが、またもやボールをケージの下に入れてしまいました。

 

ここでオーナーさんはうっすら感じたことが。

 

「いくら我が家が狭いからって、そこで遊ぶのは明らかにわざとだろ…」と。

 

そして、見つめる視線の先にはやっぱりボール。

分かりやすい「取って」アピールです。

 

マズルを突っ込んで見ている姿がかわいい〜……ではなく、完全にオーナーさんにかまってもらいたいだけの、いわゆる「かまってちゃん」になっているゴン太くん。

 

絶対わざとですね。

しかし、こんな姿で見つめていられたら取るしかありません。

 

もう一度オーナーさんにボールを取ってもらってご満悦なゴン太くん。

 

オーナーさんがテロップに入れている通り、

「ママにボール取ってもらうの好きなんだもん」というのがきっと真実なのでしょう。

 

一人遊びもいいけど、ボールを下に入れてしまうとオーナーさんが出てこざるを得ませんから、これは確信犯であり、知能犯!

 

でもこんなに可愛い家庭内犯罪だったら、許してしまうかな…。




 

ゴン太くんのように、オーナーさんにかまってもらいたいがためにちょっとしたアピールをしてしまう柴犬は珍しくありません。

 

キリッとした凛々しさがウリの柴犬だって、実はこんな甘えん坊な一面を持っているのです。

 

ギャップだらけの柴犬の沼にはまったら、きっともうあなたは抜け出せないでしょう〜。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【可愛すぎ注意】柴犬が「かまってちゃん」になるとこうなります。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ