2020年3月26日11,339 ビュー View

ご自慢の『餅ほっぺ』を、飼い主にいいようにされる柴犬。おやつとの交換条件提示で…おとなしく飲んだらしい。【動画】

犬のしつけのためにオヤツを使うことはよくありますが、この動画の柴犬オーナーさんは「ほっぺをムニムニさせてくれたらオヤツ」という、少し変わった条件を作ったよう。するとその条件、どうやら飲んでくれたよう。そしてもちろん、やわやわでムニムニな彼らの餅ほっぺを十分に堪能させてくれたようですよ!

ほっぺムニムニ開始

オーナーさんにほっぺをムニムニとされているのは柴犬Haru。

気持ちよくマッサージされている…のかと思いきや、表情を見る限り、あまり快適ではなさそう。

 

「……」。

 

しかし、オーナーさんは相変わらずHaruのほっぺをムニムニ。

そしてそのあとは、額のあたりも摘んでいます。

 

Haruは特別気持ちよさそうでもありませんが…逃げ出したりせずにじっと我慢しているよう。

 

さすがは柴犬…ということなのでしょうか。

 

実は、ギャラがもらえます。

Haruが逃げ出さずにいた理由は別のところにありました。

 

その理由は…オヤツ。

 

この『ギャラ』とも言えるオヤツがもらえるから、ほっぺをいいようにされてもじっと耐えていたのです。

 

オーナーさんとHaruの間には、そんな交渉が成立していたのですね!

 

そう思ってから動画を見てみると、Haruはじっとカメラのほうを見て、ときどき前のめりに。

 

そうか、ムニムニされてもあまり意識がなく、おそらくオヤツの方に集中していたからあまりリラックスしたお顔ではなかったのでしょうね。

 

今は我慢のときだ。

そして合間にギャラをもらって、再びほっぺをムニムニされるHaru。

 

「今は我慢のときだ」。

 

そんな声が聞こえてきそうなほどに、どんなに大胆にムニムニされても抵抗しません。

そして目線はずっとオヤツのほう。

 

しかしこの伸びたほっぺ…触れたい…。

 

早くちょうだい。

そしてオーナーさんがある程度ほっぺを堪能すると、またオヤツをくれました。

 

もちろんHaruは「待っていました」とばかりに飛びつきます。

 

オヤツを食べているお顔は、とてもうれしそうですね。

 

ちょっぴりズルイような気もする、まさかの『ギャラ交渉』でしたが、オーナーさんはすっかりHaruのほっぺを堪能できたことでしょう。

 

せっかくですから、その様子を我々も堪能させてもらっちゃいましょうか!

 

柴犬のほっぺは極上の触り心地。

しかし当の本人たちは、そんなことまったく知らないでしょう。

 

だからきっと、なぜこんなにもほっぺばかり触るのか…と疑問を感じているでしょうね。

 

しかし、ギャラ交渉はいいとしても普段のおやつからギャラを差し引いてあげてくださいね!

 

そのほっぺが、もう果てしなく『モチモチ化』してしまいますから!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ふぁ…」日向ぼっこが気持ち良さそうな柴犬。しかしほっぺのモフが気になって仕方がない問題【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬