2021年5月5日12,725 ビュー View

柴犬のリード&ハーネスは、やっぱりウルフギャングが一番だ。

愛柴が使っているリード&ハーネス、「なぜそれを選んだのか」オーナーさんはしっかり理由が言えるでしょうか。

15年間「犬」と向き合ってきた私たちがオススメするのは、WOLFGANG MAN&BEAST(以下ウルフギャング)のリード&ハーネス。頑丈なのに持ちやすい、さらにデザインの豊富さも魅力。そして何より、犬の命を重んじるポリシーにも強く共感するのです。

 

(sponsored by株式会社フォーチュン)

ウルフギャングのリード&ハーネスを使ったら、他には戻れない。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@mokaannsara_shiba

柴犬の間で広まりつつあるリード&ハーネスといえば、ウルフギャング。

 

シートベルトにも採用されるウェビング素材を使っているから耐久性はバツグン。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@simba_kun_123

 

さらにこの素材はニオイや汚れがつきにくく、清潔を保ちやすいのもポイントです。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@q_the_shiba

 

編集メンバーにも愛用者が多く「一度使ったら他のブランドに戻れない」と豪語するほど。

 

 

 

頑丈なのにポケットに入る薄さ!

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@shibainu_azuki_mame

驚くべきは、こんなに頑丈なのに薄いところ。

 

持ちやすいのはもちろんのこと、自宅で収納するにも“かさばらない”のです。

 

リードとハーネスを一緒にたたんでも、手のひらに収まるほどコンパクトに。

フレンチブルドッグ,リード,ハーネス,ウルフギャング

 

試しにアウターのポケットに入れてみたところ、リード&ハーネスがすっぽり。

フレンチブルドッグ,リード,ハーネス,ウルフギャング

 

強度を重視したものは、どうしても分厚くなりがち。

 

丈夫さだけでなく「持ちやすさ」と「収納性」を実現したウルフギャングは、やっぱりすごいなぁと思うのです。

 

新作デザインの頻度に脱帽!オーナーを飽きさせない工夫

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@mokaannsara_shiba

私たち編集部がウルフギャングを愛してやまないもう一つの理由が、新作デザインへの探究心。

 

「オーナーを飽きさせてたまるか!」という熱いメッセージなのか、かなりの頻度で新作デザインが登場するのです。

 

新作を含めた、今ウルフギャングがイチオシする7つのデザインがこちら。

 

 

1. Quetzal(ケツァール)

フレンチブルドッグ,リード,ハーネス,ウルフギャング

世界中で最も美しい鳥といわれ、グアテマラの国鳥でもあるQuetzal(ケツァール)。

 

長い飾り羽を携えながら空を舞う姿は、一度見たら忘れられない妖艶な魅力をもちます。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@simba_kun_123

そんなQuetzal(ケツァール)をモチーフにした、美しいコレクション。

 

 

 

2.BeachBreak(ビーチブレイク)

フレンチブルドッグ,リード,ハーネス,ウルフギャング

ハワイのクリエイティブスタジオ「OneVibe」とウルフギャングのコラボレーションモデル。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

 

打ち寄せる波と美しいビーチのアートワークは、見ているだけでワクワクします。

 

 

 

3.VintageBlack(ビンテージブラック)

フレンチブルドッグ,リード,ハーネス,ウルフギャング

アメリカン・トラディショナル・タトゥーのフラッシュが散りばめられた印象的なデザイン。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@q_the_shiba

 

水夫(船をあやつる者)たちの間で流行したタトゥーで、「オールドスクール」と呼ばれるスタイルがモチーフ。

 

 

 

4.VintageWhite(ビンテージホワイト)

フレンチブルドッグ,リード,ハーネス,ウルフギャング

上のVintageBlack(ビンテージブラック)は黒が表に対して、こちらは白が表。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@mokaannsara_shiba

 

愛柴のカラーに合わせて選んでみて。

 

 

 

5.TieDye(タイダイ)

フレンチブルドッグ,リード,ハーネス,ウルフギャング

アメリカの西海岸でタイダイ柄を着ているのは、ヒッピーやお婆ちゃんだけじゃないよ。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@mokaannsara_shiba

 

犬もタイダイ柄を身に着けるのさ!

 

 

 

6.LostArt(ロストアート)

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

古代メキシコのクラフトマンシップをルーツに持つデザイン。

 

「el perro es el mejor amigo del hombre ― 犬は人間の親友です」

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@shibainu_azuki_mame

 

こんな、ステキな意味を持っています。

 

 

 

7.OldFrontier(オールドフロンティア)

フレンチブルドッグ,ウルフギャング,リード,ハーネス

ウルフギャングと数々のアートワークの制作を行ってきた「Travis Bone」が描いたニューモデル。

 

ノスタルジックな視覚の旅をお楽しみあれ。

 

 

【編集部的オススメ】ハーネスとカラー(首輪)のダブル使い

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@simba_kun_123

ハーネスかカラー(首輪)で迷っているなら、カラダに負担がかかりにくいハーネスがオススメ。

 

編集部が最も推奨するのは、ハーネスとカラー(首輪)の両方を身につけること。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@shibainu_azuki_mame

 

ハーネスにはリードをつけて愛柴のカラダを支える役目として。

 

カラー(首輪)には迷子札や犬鑑札をぶら下げて、お出かけ先でも外さないようにしましょう。

 

 

今こそ大切にしたい。「作り手の思いが伝わる」プロダクトなのか。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@simba_kun_123

2020年から私たちの生活は大きく変化しました。

 

それは家族を持つ犬たちも、“そうでない”犬たちも同じです。

 

在宅時間が増えたことで、犬を迎える人が急増。

 

家族が見つかった犬も増えた反面、捨てられてしまう犬が急増しているという現実があります。

柴犬

Jay Takayama/shutterstock

 

日本のウルフギャングは『生体販売をするペットショップなどでは取り扱わない』というポリシーを掲げています。

 

販売する店舗はライフスタイルショップ、アウトドアショップ、セレクトショップ、ペットグッズショップに限られているのです。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@q_the_shiba

 

これは今に始まったことではなく、ウルフギャングが日本にやってきた頃から貫いていること。

 

これこそ犬への最大のリスペクトであり、命を重んじるポリシーだと思います。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@mokaannsara_shiba

 

こんな時代だからこそ「誰がどんな思いで作っているのか」。

 

作り手の思いを汲み取ってみるのも大切なことではないでしょうか。

柴犬,ウルフギャング,リード,首輪,ハーネス

Model:@q_the_shiba

 

クオリティとデザインだけにとらわれないウルフギャングのリード&ハーネス。

 

ぜひ胸を張って使ってみてください!

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ