2022年4月17日4,603 ビュー View

飼い主に抱っこされてみた柴犬。なかなか離してもらえず、だんだん表情が変化して最終的に別犬になってるの笑う

柴犬オーナーさんの多くは、本当は思う存分に彼らをギュッと抱きしめて、スンスンと匂いを嗅いで、モフモフに顔を埋めたいはず。でもやりすぎてしまうと、彼らは遠慮なく「もういいって」の気持ちを態度に出してくるのですよ…!

最初は可愛いお顔だったのに…

お兄ちゃんに抱っこされている、柴犬のぱんちゃん。

 

「今、あたし抱っこされてるの」とまんざらでもなさそう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬🐾ぱんちゃん(@pan_chan.n)がシェアした投稿

 

ところが、ぱんちゃんが可愛くてたまらないお兄ちゃんは、なかなか離してくれません。すると次第にぱんちゃんの様子が変化していくのです。

 

スワイプして見られる3枚めの写真では、ちょっと飽きたお顔に。4枚めの写真では身をよじり始めています。

 

そして6枚めでは、こうです。

 

あ、あれ? 別犬? さっきまでのお顔と全然違うけれど!?

 

あきらかに不満そうで笑ってしまいますが、抱っこされたままなのはギリギリ許容ということなのでしょうね。

 

「もういいよ!」のツッコミ

こちらは、白柴のハク。ハクのことが大好きな娘さんは、ついモフモフにお顔を埋めてしまいます。

 

それが、ちょっとだけしつこかったようで…。

 

(ビシッ!)

 

「もういいよ!」のツッコミが入りました! あまりにも可愛いツッコミで、笑ってしまう!

 

そして、こうなることが分かっていても、愛柴にベタベタしたくなってしまうのがオーナーさん。

 

むしろ、ここまでがワンセットですよね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

白柴ハク(@mofu_mofu_haku)がシェアした投稿

 

愛がちょっとだけ重かったみたい

最後は、柴犬のフク。お姉ちゃんの愛をその後頭部に受け止めています。

 

そのお顔は…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬フク(@fukumame6)がシェアした投稿

 

ちょっと迷惑そう。柴犬のツンデレのツンの部分が前面に出ていますね。

 

もしかしたら、愛が…というより、物理的にちょっと重いのかも。でも本当に嫌だったら、こんなふうにジッとしていないはず。

 

「はいはい、もう少しだけね」なんて声が聞こえてきそうで、なんだかホッコリ。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

『愛犬を撮影する夫を撮影』と投稿された写真がめちゃほのぼの。柴犬が溺愛されてる風景っていいよね。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ