2018年9月3日5,571 ビュー View

柴犬たち、嬉しそうな君がとっても愛しいのです

嬉しい時は元気にかけまわり、悲しい時は切ない表情でシュンとする。

人間の言葉は話せないけれど、とっても純粋な君たちの仕草から、私たちは考えていることが手に取るようにわかってしまうのです。

そして、嬉しそうな瞬間は彼ら以上に嬉しく感じたりしてしまう私たち。その姿は何度見ても愛おしいもの。

今回は「柴犬たちの愛しの瞬間」特集!どうぞ、愛犬を抱っこしながらご覧ください!

この記事のタイトルとURLをコピー

柴犬愛おしい

Model:@cocokurumilk(Instagram)

君が楽しそうにしている。それだけで愛し嬉しいのです!

緑の上で元気にぴょんぴょん!

オーナーと一緒に、広場でボール遊び中の赤柴。

これはもう、犬にとって一番楽しい瞬間と言ってもいい程、ほとんどの犬が大好きな時間ですよね。今の時代はコンクリートで過ごすことも多い犬たちのたまの広場遊びは、子供のように無邪気な姿を見せてくれます。

 

陸王さんまさん(@reontsuun)がシェアした投稿 -

しかしよほど嬉しかったのか、かなり飛び跳ねているようですね。

 

楽しい河原遊び!

大口を開けて嬉しそうに笑っているこちらの赤柴。最高の柴スマイルですね!

一緒にお出かけするだけでとっても嬉しそうにしてくれる彼らを見ていると、たくさん色んなところに連れて行ってあげたくなります。

そして帰り道、疲れて眠ってしまう姿もまたカワイイものです。

 

むぎさん(@mjunko9003)がシェアした投稿 -

 

このブランコ最高なんだよね!

片腕を外に出して、かなりのリラックス具合でブランコを楽しむこちらの赤柴。

まるで、人間の子供のように見えてきます!柴スマイルを見ていると、自然とこちらも顔がほころびますよね。

(ちょっと足のお行儀が悪いのはご愛嬌!)

 

◟̆◞̆ unihalo ◟̽◞̽さん(@unihalo)がシェアした投稿 -

 

朝日が気持ちいいから…

朝の空気の中でスッキリ爽快なのか、こんな瞬間でもこの通り笑顔になっちゃいます!

朝日を背負ってなんとも壮大なう○ちシーンですね!

 

これであそぼうよ!

目を細めて「ねぇ遊ぼう?」とスリッパを咥えてきたこちらの赤柴。このように「一緒に遊ぼう?」って誘ってくるこの何気ない仕草。

改めて考えてみると、こんなにも生き物が違う関係であるのに無邪気に誘ってくる彼らのこの行動って、なんだか無性に可愛い仕草だと感じませんか?

 

よい123さん(@wabooe)がシェアした投稿 -

 

笑ってくれるとなんだか楽しくなるよ!

きっと「なんでそんなところにいるの?」と笑っているオーナーの姿を見て、柴犬も「なんで笑っているの?」とおかしく思いながらも、嬉しくなって一緒に笑っているのでしょう。

家族が嬉しそうだと自分も嬉しい!なんて考えると、もう愛しすぎますよね。

 

よい123さん(@wabooe)がシェアした投稿 -

 

そりゃおやつをみせられたら…

こうなりますよね。多分、オーナーの次に大好きなもの、やっぱりそれはおやつ!

口角を上げてにんまりと、とっても嬉しそう!

 

黒柴の力さん(@geeen_rikiii)がシェアした投稿 -

 

おかえりー!

ヒコーキ耳でお迎え中のこちら。ふふふ、尻尾もだいぶブレているようで!

よっぽど嬉しかったのかもう、全力ブンブンで振っているのでしょう!

 

篠原信一さん(@kotetu__niko)がシェアした投稿 -

全身を使って嬉しさを表現してくれる彼らに、私たちもわかりやすく

愛情表現をしてあげたいものですね!

 

さいごに

オーナーである私たちは、家族の他にも友達や仕事、趣味に旅行など色んなことに目を向けますが、犬にとってはオーナーが全て。私たちがテレビを見たりスマホをいじる時間も、犬にはオーナーしか見えていないはず。

 

ふと、愛しの柴犬を見つめたら必ず目が合う私たち。それは、彼らがいつでも私たちを見ている証なのです。

 

こんなにも愛しい柴犬たちの存在。幸せにできるのは、他でもないあなたしかいません。

 

愛犬を家族として迎えられた縁に感謝しながら、人間より何倍も早く年齢を重ねていく彼らとの貴重なコミュニケーションの時間を、1分でも多く増やしていきたいですね。

 

今、腕に感じている愛犬の温もりや重みを愛しく感じながら、是非彼らの犬生を、お互いの宝物だと言えるようなものにしてあげてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね!

柴犬の困り顔に母性本能くすぐられる!【動画あり】

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事