2019年3月5日5,193 ビュー View

【じゅうたんボロボロ事件】捜査により容疑をかけられた柴犬てん

おうちの階段のカーペットをボロボロにした容疑をかけられた柴犬のてんくん。捜査官(オーナー)により取り調べを受けますが、しらんぷりしたり挑発したりと腹を割りません。いたずらはだめだよ、だめなんだけど、なんだか憎めないてん容疑者の様子。さて、犯人は確保されるのでしょうか…。ドキュメンタリー風動画をどうぞご覧ください!

黙秘権の行使か

 

こちらがボロボロ行為の現場です。見るも無残な姿になってしまったカーペット、これはなかなかの破壊行為と言えるものですね。敷き込みのカーペットだから簡単に交換もできないし、なんとかチョチョイとしたらごまかせるというレベルでもないし、ちゃんとした修理が必要そう。その状況にお怒りのオーナーパパは、捜査官風に自白を求めて強めにてん容疑者を問い詰めます。

 

捜査官「いまびくっとしましたね?」 

てん氏「いえ別に」

捜査官「てんさん、これやったのあなたですね?」 

てん氏「ち、違います」

 

 

不自然に視線をそらす容疑者、ならぬ容疑犬。捜査官に詰められて「ちょっとまずいことしちゃったかなあ」という雰囲気に。その感じは伝わってくるのですが、ぺろっと挑発したりもしてまるでその心が読めません。

 

 

この行動はどうなんでしょう、もしかしたら「深刻になっているふり」なのかもしれませんね。だとしたらアナタなかなかのワルですよ。

その後、詳しく事情を聞くため任意同行を求めた捜査官ですが、なんとそのまま容疑者が逃走を図ります。

 

沈黙を守る容疑犬「T」

 

逃走しつつも、しっかりとカメラに写ってしまっている容疑犬てん。引き続き逃走ルートを探っているのか、あたりをクンクンと嗅ぎ回っているようです。やはりこれは「クロ」ということなのでしょうか。まるで追い詰められているということを理解しているのかのようです。

 

そんな最中、捜査官の仕事場に自ら姿を現した容疑者! なんと、自白する気にでもなったのか…と思ったのはつかの間、白状させようと捜査官がその体を捕まえましたがちっとも吐きません。むしろ、捕まえられてなんだか楽しそう。ここまで捜査官を翻弄して、容疑者は一体何を考えているのだ…。

 

 

 

18時24分、容疑犬てん確保!

と、言いつつ、犯人はてんくんしかいませんから、このあとちゃんと叱られてしまいました。だめなことはだめだからね。次からはしちゃだめだよ。

 

ということで、とってもかわいい犯人による、とっても小さな犯罪の逮捕劇でした。なんとなくわざとらしく無表情を決め込んで(いるようにみえる)、極悪柴犬になりきっていたてんくんの名演技はとっても可愛いのでぜひ最後までご覧くださいね。

 

 

お父さんとしては叱らざるを得ない状況でしたが、なんだか全然叱ってるカンジがしなかったのですよねぇ…。まあ、叱れないですよね。だって可愛いんだもん。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

またか…!頻繁に「やらかしちゃう」柴犬とオーナーの攻防戦

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事