2019年5月4日5,175 ビュー View

無邪気でカワイイ♡…じゃ済まない!イタズラという立派な悪事を目撃。

柴犬たちは、世間では飼い主に忠実でお利口さんというイメージが持たれていますよね。もちろんそれはその通り、オーナーであっても普段の生活で「賢いなぁ」と感じる場面が多々ありますからね。しかし…もちろんそうじゃない時だってあります。だって、基本的に彼らは「無邪気」なのですから。今回は、そんな無邪気が行き過ぎた場面の数々をご紹介します。その様子にはつい目を伏せたくなるかも…。

大惨事、とはこのこと…

柴犬「やめられない」

オーナー「止められない」

 

もはやそんな状況にさえ感じてくるこちらのティッシュ破壊柴犬。というよりはもはやティッシュ破壊神(?)が降臨したかのように、その行為に集中して無我夢中で散らかしているようです。なんという悪事なのでしょうか…。この勢いはもう、オーナーさんも見守ることしかできないという気持ちになってしまうでしょうね。

と、言いつつ、ティッシュが無くなったその時を見計らって、しっかり現行犯で捕獲されたようです。そりゃそうだ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ROKUさん(@rokukiroku)がシェアした投稿 -

 

ちなみにこちらの柴犬は、なかなかのツワモノなよう。他の日にもがっつりと悪事を働いていました。

オーナーさんが大切に育てたであろう観葉植物の”破片”が、ご覧のとおり、無残なまでに床にバラバラと散乱しています。これは見た瞬間、大変なショックを受けたことでしょう。しかし今回は現行犯での確保ができなかったため、柴犬の方もシラを切るようにどこか上の方を見たりとぼけている様子を見せます。なんというワルい子なの! しかしこれが毎回だったら困ってしまいますよね…早めに決着をつけた方が良さそうです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ROKUさん(@rokukiroku)がシェアした投稿 -

 

そんな顔されたら怒れない…

お次も、ティッシュが大好きな柴犬がその衝動を止められなかったというイタズラ後の状況です。オーナーが居ない隙に、ゴミ箱の中にあったティッシュを取り出して見事なまでな惨状を作り上げた模様。帰宅してこの様子を見たら絶句してしまうことは想像に易いのですが、みなさんはお気づきでしょうか。こちらの柴犬のチャームポイントはなんと”困り顔”。普段からちょっとだけ申し訳なさそうにしている「ように」見えるお顔つきのため、なんだか深く反省しているようにも見えるのです。そんな顔されたら、怒れないじゃないの…。きっとオーナーさんも心の中でそう思っていることでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬とらまめさん(@toramameazk)がシェアした投稿 -

 

好きが度を超えると。

こちらの柴犬は、大好きなお姉ちゃんの上履きをカミカミして、ついにはボロボロにしちゃったというイタズラをしている真っ最中の様子。あたりには、その上履きの破片と思しき赤いものが散らばっていますよね。もしかしたら、お姉ちゃんのことが好きすぎてちょっとカミカミして遊んでいたつもりが、その好きな気持ちが拍車をかけてどんどん破壊力を増してしまったのかも。

ちなみにその前はパパのスリッパを破壊したそうな。結局は、家族のみんなが大好きってことですね。困るやら、嬉しいやら。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

suwakiyoさん(@suwa_kiyo)がシェアした投稿 -

 

ペロペロのち、カミカミ。

こちらの柴犬は、なんとも一石二鳥なイタズラをしたようです。イタズラをしたものは、なんと犬用歯磨き粉のチューブ。その中身を全てペロペロと舐めて完食した挙句に、空になったチューブをそこらじゅうカミカミするという、なんともオイシイ悪事を働いていたのです。一体どれくらいの量が残っていたのか気になるところですが、さすがに悪かったと感じているのか目を合わせてはくれないようですね。

新しいのを買ってもらっても、もうしちゃダメだよ!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しいさん(@she.see.sii)がシェアした投稿 -

 

かろうじて、何だったのか分かる…

こちらは…もう見るも無残なありさまになったサッカーボール、でしょうか…。その配色からかろうじてこの物がなんだったか分かる程度ですが、もう、がっつりとボロボロにされ尽くされてしまったようです。ここまで破壊してしまうって、一体どれだけ集中していたんだろうと興味すら湧いてきますが、なぜかこの状態にもかかわらず柴犬の方からは「お気に入り」という雰囲気が伝わってきます。

そりゃここまで破壊したら達成感もあるでしょうしね。お気に入りであってもおかしくないはずです。

しかし、ここまでされちゃうとちょっとボールが不憫に思えてきますね…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

白柴さな(バウ村のりこ)さん(@uminoriharu)がシェアした投稿 -

 

ダメって分かっていてもやっちゃうのがイタズラ。後になってしょんぼりしたって懲りないのは、きっとなんやかんやと家族が笑顔でいてくれるから。「もう! こんなに散らかして〜」って言いながら、ニヤリ。きっとその顔を柴犬は見ているのでしょう。

まぁ彼らのイタズラは、それはそれで可愛い仕草だと思えますが、くれぐれも誤飲したり、ケガしたりしないよう気を付けてあげましょうね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

お手伝いしている「風」なイタズラ柴犬

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事