2019年9月1日4,479 ビュー View

「(やけに暗いな)誰か電気つけて〜」ダンボール箱と戯れる柴犬は、様々な奇跡を起こしがち。

「猫がダンボール箱に入るのを好む」という事実はご存知の方が多いでしょう。しかし、負けず劣らずダンボール箱が大好きという柴犬は多くいます。ある意味ダンボール箱はボールやぬいぐるみと同じように、彼らの遊び道具と言えるのかもしれません。そこで今回は、さまざまなシチュエーションでダンボール箱と戯れている柴犬をご紹介します。そこには、なかなか奇跡と言えるような光景が広がっていたので、どうぞ目撃ください!

ダンボールの開け方がプロ。

絨毯の上にダンボール箱があります。それに興味を示す柴犬が。「オヤツ? オモチャ? 何が入っているのかな~」とワクワクしているように見えますね。すぐ近くにいるオーナーさんを見ることもなく自分で開けようとしているようですが、どうぞ、ダンボール箱をオープンする様子にご注目ください。

少しだけ表面に出ている部分を口に咥え、動かないように前足でしっかりおさえていますね。すると、なんとそのままググーッと引っぱって見事に自力でオープン! これって、普通に人間が開けるやり方ですよね。こうすればダンボール箱を開けられることを知っていることにまず驚きですが、手際が良すぎてスゴイ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SKY 💎さん(@sky.chronicles)がシェアした投稿 -

 

アレ…? 何が起きたの…?

ダンボール箱の穴にスッポリと頭を突っ込んでいるのはgiaちゃん。このダンボールに開いた穴とgiaちゃんの頭のサイズがあまりにもジャストフィットしてしまったのか、取れなくなってしまったようです。

そんなgiaちゃんは「ん…なにごと!?」とばかりにうろたえるようですが、そりゃそうだ! きっと中は真っ暗で何も見えないでしょうからね。

そして、そんな様子を可愛らしく思ったオーナーさんはひとしきり動画を撮り、その後すっぽり取ってくれました。その後「今のは一体…」とばかりにgiaちゃんはもう一度ダンボールを覗き込み、きっと「ここに顔を入れたら危険だ」と改めて確認するような仕草を。ナチュラルなgiaちゃんの動きに癒されたひとときでしたね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

em em emily heeさん(@emilytoemily)がシェアした投稿 -

 

ハウスと言われたら…ダンボールイン! 

「ハウスと言ったらダンボール箱イン」これはオーナーさんとこむぎちゃんのルールみたいですよ。このときのこむぎちゃんは、ゴハンを早く食べたいモード。オーナーさんはまだ何も言っていないのにあせってトコトコ、ダンボール箱に入りました。これだけでも、なんという可愛らしい仕草なのかと思ってしまいますが、そのことをオーナーさんに突っ込まれて「あれ、ちがった?」と言っているようなこむぎちゃんのお顔もまた超キュートです。

そして、早く食べたいという気持ちの表れでしょうか、文句を言いながら「おすわり・お手・あご・おまわり」を高速でやりとげます。そしてやっとオーナーさんが「ハウス」と言ってくれました! 待ちに待ったゴハンは、これだけ頑張ったからいつもよりもっとおいしく感じられたでしょうね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちま-ちまさん(@kiyokiyo_timatima)がシェアした投稿 -

 

ダンボール箱を相手にいろいろな行動を見せてくれる柴犬たちですが、なかには噛むという犬の本能からダンボールをかじってしまう子もいるようです。硬すぎず柔らかすぎないダンボールは噛みごたえがあるのかもしれませんね。とくに子犬の歯が生え替わる時期には多く見られるものですが、もしイタズラと言えるダンボールかじりが続くようであればストレスがたまっている可能性もあります。ストレス発散はオーナーさんとのコミュニケーションがもっとも効果的ですから、そんな時は愛柴と過ごす時間をできるだけ増やしてあげてくださいね。

あと、くれぐれもダンボールの誤飲にはご注意を!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

おふざけと奇跡の融合!柴犬、こんなん撮れました

いいなと思ったらシェア

  • 柴犬ライフ,毎日一緒

おすすめ記事

  • 柴犬ライフ,わんちゃんのおめめ