2019年10月13日14,301 ビュー View

「そろそろ帰りたいデス…」お散歩を終えたい柴犬パピーがとった行動が、控えめながらも素直で可愛い【動画】

今回の動画の主人公・こんぶちゃんは生後4ヵ月の黒柴。動画の内容は、オーナーさんとのお散歩の様子をおさめた日常風景ですが、こんぶちゃんはまだまだパピーということもあり、少し歩くと疲れてしまって…。パピーらしい素直な行動に、どうぞ癒されちゃってください!

原っぱで遊ぶこんぶちゃん

 

原っぱのような場所でトコトコ歩いているこちらがこんぶちゃんです。

パピーにとって、きっと緑の匂いはとっても新鮮なもの。きっと好奇心いっぱいにクンクンかおってるはず。

 

そんな風にお散歩を満喫しているこんぶちゃんでしたが…。

 

おいでと言われて「ぽすん」。

オーナーさんに「おいで」と言われているのに、急に座り込んでしまいました。

 

いったいどうしたのでしょうか。

ときおりオーナーさんの方を見上げたり、少し舌を出すような仕草をしたあと、少しだけ移動します。

 

お水が欲しかったんだね! と思いきや…

セミの鳴き声が背後で聞こえることから、動画が撮影されたのは夏でしょう。

 

こんぶちゃんも、歩き回って「のどがかわいた」なんて言いたかったのかもしれませんね。

 

ということでしばし給水タイムです。

 

よし、お水も飲んで元気回復。ここからは完全復活だね!

…なんて思ったのもつかの間。

 

もう動かないモードへ。

なんとこんぶちゃん、水を飲み終えたあと完全に「動かないモード」に突入してしまいました。

 

お水を飲んで、仕切り直すかのように「歩かない」ことを再び頑張り始めたのです。

 

とはいえ、成犬ほどの「イヤイヤさん状態」というほどではありませんが、「なんだかもう、疲れました…」と言わんばかりにぼんやり立ち、その後は全身を床にべったり。

 

もしかして、暑さに耐えられなくなってきたのかな?

もうお散歩には飽きて、帰りたくなってしまったのかな…。

 

これでは仕方がないので…

もはやこんぶちゃんが歩かないことがわかったのか、オーナーさんは『全オーナーの最終手段・だっこ』を使っておうちに帰ることに。

 

柴犬はパピーだってしっかり柴犬。

さすがに頑固…とまではいえない可愛らしい様子でしたが、自分の気持ちは貫いたこんぶちゃんでした。

 

あれ? 希望が通って嬉しいのか、ちょっと笑っているような…?

 

パピーの体力は無限、とは言いつつも、限界はあります。

こんぶちゃんも小さいながらに、そのことをどうにかアピールして伝えたかったのかもしれませんね。

 

パピーのこんぶちゃんのお散歩。見ているこちらも癒されるものでしたね。

 

今回こんぶちゃんがなぜイヤイヤしたのか真意は不明ですが、一緒に過ごしていくうちに愛柴の考えはわかってくるもの。

 

特にパピーオーナーさんは、我が子をよく観察して、普段とは違う仕草の変化などで気持ちを推し量りながら、我が子の成長を見届けてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【動画】(チラ!)柴犬の子犬を散歩に連れ出したら、いつの間にか「ハイテンションかくれんぼ」になっていた。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事