2019年11月6日20,701 ビュー View

「聞いてないよ…」お出かけに浮かれた柴犬。まさか動物病院だとは思わず帰宅後がっつり拗ねる…【動画】

柴犬が苦手とするもの。個体差はあるものの病院、シャンプー、これらが二大巨頭でしょう。その時になるとわかりやすく元気をなくすため、オーナーは励まそうと色々必死なわけですが、どうしたってやっぱり拗ねてしまうもの。今回は「気づけば病院だったパターン」の彼らの様子をご紹介。拗ねて気持ちをアピールする様子には、つい心を打たれてしまうのでした…。

お出かけって、病院じゃん…(ブツブツ)

オーナーさんのコメント、そしてこの後ろ姿を見れば全てのシーンが勝手に想像ついてしまうでしょう。

 

とりあえずは動画をご覧ください。

 
可愛すぎか…。
 
オーナーさんが「出かけた先が」と言っていることから、きっと「お出かけしよう!」とお誘いを受けて浮かれて家を後にしたのでしょうね。
そしていざ到着したら、病院。
 
で、帰宅して隅っこで拗ねた…という一連のこの流れがその背中に描かれているようです。
 
落ち込んでいる中でこんな風に言うのは少々気が引けますが、この姿はもう愛らしいの一言に尽きますね。
そして検査も異常がなくてよかった!
 
次は、本当のお出かけに連れて行ってもらってね!
 

ここドッグランじゃねぇ〜!

お次も、気づいたら病院に到着していた柴犬です。
 
どうやら、先日初めてのドッグランに行ったようで、その際の楽しかった記憶が残っていたのでしょう。
オーナーさんの推測では「ドッグランだと思ってはしゃいでいた」とのことなので、その急転直下な事態にイヤイヤさんになるしかなかったのでした。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

豆太郎🐕🐾(@mametaro0830)がシェアした投稿 -

 

前足を前後に位置して突っ張っている様子から、かなりの拒否感情が伝わってきます。

 

病院にはワクチン注射で訪れたようですが、無事乗り越えることはできたのかな…。

 

「看護師さん助けてくだしゃい」

一見、ニコニコ顔で診察台に乗って全然平気そうな雰囲気に見えますが、どうぞ前足にご注目を。
看護師さんの腕をがっしりと抱え込んでいますね。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はるなつ(@haruchan_natuchan)がシェアした投稿 -

 

こちらの柴犬はお散歩中に病院に辿りついたようですが、普段とはちょっと様子が違うため「ロング散歩」だと思っていたよう。その末の病院なのでした。

 

そしてスワイプするとこんな様子が。

 

可愛すぎてヤヴァイ…。

看護師さん、どうぞそのポジション変わってください…なんて言いたくなってしまいます。

 

しかし当初よりも表情が曇ったところを見ると、やはり不安でいっぱいなのでしょうね。

かわいいけれど、同じくらいごめんねの感情が付きまといます。

 

 

さて、「気づいたら病院」で拗ねてしまった柴犬たちはいかがでしたか?

イヤイヤしながらも受け入れるところは、やはり健気で愛らしいと感じてしまうポイントだったことでしょう。

 

苦手であっても、どうしても定期的にお世話になるこの病院。

好きまではいかなくても、どうにか工夫してこのショックを和らげてあげたいものですね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「いや、無理っス…」ジャンプが不得意な柴犬をヨシヨシしてあげたい。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事