2020年11月21日2,997 ビュー View

一緒に遊ぼうと、飼い主さんが『猫の』おもちゃを購入。完全にビビって逃げる避ける、いざ悲しい結末へ…。【動画】

今回はまさに『柴犬らしいよねえ』と思えるような動画をご紹介。彼らは、自分が納得したり理解したり何かしら肯定したものでなければ超絶不審がると言う警戒心のカタマリ…なのは有名ですが、今回もしっかり見せてくれましたよ、そんな『解せぬ』瞬間を。

オーナーさんからプレゼント、それは…

オーナーさんが柴犬に新しいおもちゃを買ってくれました。でもこれ、本当は猫用のおもちゃ。

 

一応興味津々で目を輝かせてはいるようですが…。

 

楽しく遊ぶことができるでしょうか? 

 

おそるおそる…突然動きだした…!

その後、オーナーさんが猫のおもちゃを動かし始めました。すると柴犬は念入りに匂いをクンクン。

動物が本物っぽく見えるのでしょうか?

 

(ソッ……)

 

さすがは柴犬。初めて遭遇する“ブツ”に関してはかなり慎重です。

 

猫にとってはすぐに夢中になる、たまらないおもちゃかもしれませんが…。

 

そこは犬。やはり慎重です…とそのとき!

 

猫のおもちゃがヒュンッと鋭く動き、これには柴犬もびっくり。

思わず跳び上がっていました…。

 

猫のおもちゃ、ちょっとコワイぞ…

そのアクシデントを経験し、柴犬はすっかり、猫のおもちゃが苦手に。

本物の生き物だと思ってしまったのかも…。

 

オーナーさんが誘っても、プイッと横を向き、離れてしまいます。

 

(なんだあれは…)

 

明らかに警戒している顔ですね…。

 

と言うことで、もう猫のおもちゃに近づきすらしません。

行く手に猫のおもちゃがあれば、ルートだって変えてしまうほど。

 

こりゃオーナーさんの失敗かも…。

 

距離をとって、ただただガン見。

すると、次はチョウチョの形をしたくるくる回るおもちゃが登場。これには全く興味がないのか素っ気ないそぶりを見せています、いや、もはやビビってしまっているだけかも。

 

「……」。

 

まるで椅子に隠れるようにしながら、ガン見を続ける柴犬。

 

もはや、この先猫のおもちゃで遊ぶ光景が一切見えてきません…。

 

やはり、猫とはおもしろさのツボは違うのですね。

今後はちゃんと犬用のおもちゃを与えてあげてくださいね、オーナーさん。

 

あからさまに疑っているお顔や仕草は、なんとも柴犬らしい姿でしたよね。

 

改めて、犬と猫は全く性格の違う生き物なのだと感じさせられました。

 

やっぱり骨のおもちゃが最高だよねえ。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(チョン…)猫の触れ方がわからない柴犬。まさかの後ろ足まで使って、ビクビクしながら頑張ってた。下手すぎか【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

  • パナソニック,掃除機,柴犬