2021年8月6日3,433 ビュー View

家の中でこんなシーンに出くわしたら…時を忘れて見つめ続けるよね。柴犬の“柴ケツ”の中毒性はヤバイ。【動画】

今回は、みなさん大好き柴犬のお尻特集です。モフモフな上に丸みを帯びてモコッと盛り上がったあの魅惑の部位。多分、この世に嫌いな人なんていないと思うのです、いや間違いなく。今回はいろんなアングルから攻めてみたいと思いますよ。

モゴモゴ動く前も、その後もギャフン。

こちらは蛍さん。布団に頭を突っ込んで尻隠さずな最高のアングル…のっけからたまらない状況です。

 

ふさふさの巻き尾もたまらないし、白柴な被毛がよりフワモコを引き立てているのですが…

 

そのままズボッとさらに奥深くに突っ込んでいきました。

 

その時に広がったあんよのファニーさがなお愛くるしさを引き立てているよう。

 

若干カエルがベタっとしているようにも見えますが、そのためにできたお尻とあんよとの境目の窪みあたりに萌えを感じるのです。

 

え、どんだけ細かいポイントだよって?

見ればわかるはずですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shibainu HOTARU🐾(@hotagram.n_n)がシェアした投稿

 

丸くぷりぷり、とれたてです♡

お次はパピーの頃の茶丸さんのまんまるおケツです。

 

今はハウスの中でひとりもぞもぞ作業中。

ということで、この可愛らしいアングルでちょこちょこ揺れているのです。

 

ハウスに入り込んで、せっせと何をしているのかはわかりませんが、本当にささやかに揺れている感じがたまりません。

 

真ん丸で、まだちっこいおケツ…。

ぷるぷる震えているようにも見えて、たまらない気持ちにさせられてしまいます。

 

もうね、これはただひたすらに可愛いです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ERIKO.O(@chamaru.shiba.japan)がシェアした投稿

 

まさにパンのやつだぞ…

こちらは、もうちょっと育ったパピーmugiさんのおケツです。

 

実は『門の外の世界があることを初めて知った』という瞬間なのだそう。

 

好奇心に溢れたお年頃、柵の下にもぐっちゃうヤンチャさも含めて、この丸みが尊すぎます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I'm mugi(@mugi.48)がシェアした投稿

 

この丸みを見たら、どうしたって触れずにはいられなくなりそう…。

 

だって、パピーというだけで尊いのに、こんな無防備に丸いお尻をプリッとさせられたら…もうずっと見ていても飽きないでしょうね。

 

きっとオーナーさんも同じ気持ちだったはず。

 

さて、柴犬の“柴ケツ”はいかがでしたか?

いつ見てもどの子のお尻も尊いものですが、アングルを変えるとまた別のキュンが感じられましたよね。

 

しかし、どんなに見ていても飽きないって一体なにごとなのよ…。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(モソモソ…)コタツに潜り込む瞬間の柴犬の姿がちょっとアレすぎたので共有したいと思う。やっぱ柴ケツは正義。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ