2021年7月16日3,003 ビュー View

「はい撮るよ〜やべカメラずれた」自撮り風アングルの柴犬、もれなくジワジワ系の可愛いことになってる説。

今や柴犬たちも自撮りをする時代…なんてさすがにそんなわけはないのですが、偶然にも自撮り風の写真になることってありますよね。「風」だということはわかりつつも、なんだかあまりにもそれっぽいのです。もしかして本当に自分で撮っているのか…!?

きょうだいで仲良しショット

きょうだい柴犬のコロ介くんと豆介くんは散歩にやってきました。

 

シャッターを押しているのは手前の豆介くん。

 

そしてカメラ目線で「はい、チーズ」…パシャリ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柴犬Mamesuke・Korosuke🇯🇵大阪(@mame_suke_i)がシェアした投稿

 

…という具合に撮ったようにしか見えないのだけれど…!

 

豆介くんの前足の角度からすると、おそらく自撮り棒を使用していますね。

 

そして2頭のこのお顔。

自分が一番可愛く見える角度を熟知しています…つまりは自撮りのプロ。

 

すごいな、なかなかやるなあ…。

 

あ、すべて妄想ですのであしからず。

 

楽しさが伝わってくる自撮り

お友だちとドッグランで遊んでいる、ちくわくん。

 

楽しいことは記録しておかないとね。

 

ということでお友だちと一緒に、パシャリ。

 

「はい、撮るよー!」

 

って、言っているでしょこれ。

 

多少ピントがずれていたって、2頭の笑顔があればベストショットだよ!

 

ええ、もちろん撮ったのはオーナーさんで、ちくわくんがグイグイ近づいた結果がこの写真なのですけれどね。

 

どちらにしたって、良い写真には変わりません!

 

芸能人の自撮り角度で

最後は、相棒猫の爽くんとツーショットを撮ったとーたくん。

 

とーたくんはカメラを少し見上げながら、パシャリ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KazutoWatabe(@katto)がシェアした投稿

 

この角度は…芸能人がよくやる自撮りの角度だわ。

 

アゴはすっきりと目はクリクリに見せられるという魔法の角度のやつね。

 

鼻だってますます高く…って、とーたくんは柴犬だから元々高いのに…。

 

なんにせよ、とにかくレベルの高い自撮りですよね。

一体どこでこんな技を覚えてきたのかしら…。

 

以上、自撮り風の柴犬写真をご紹介しました。

あまりのそれっぽさに「実は柴犬が撮ったのでは?」と思ってしまいましたよね。

 

いやいや、もしかしたら1枚くらいは…!?

だって彼らの肉球はしっかりスマホに反応しちゃいますからねえ(可愛い)。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

『ボクの方が大っきいもんね〜』小学生の男子か。柴犬の決定的瞬間な奇跡の一コマが、どれもジワジワきた報告。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • 柴犬,Ta-Ta,タータ